consumer_policy_cms104_240430_001



かりるーむ https://cari.jp/
検索順一覧 cariroom access ranking



5月14日(日本時間15日)
アメリカ大リーガーの元通訳のM氏が
銀行詐欺罪で訴追(起訴)され
ロサンゼルス連邦地裁に出廷したニュースが流れてきました。


その際
「Not Guilty(ノット・ギルティ)/無罪」
主張したと話題になっていました。
が、これは一連の流れだったようです。

M氏はギャンブルへの依存を認めました。

ギャンブル依存は世界でも深刻な問題となっています。

WHOは「病的賭博」という名称で
正式に精神疾患(病気)として認めています。


□■ 『ギャンブル等依存症』問題啓発週間 ■□

毎年5月14日~20日

今回はギャンブル依存を取り上げてみました。



c74ec002
https://cari.jp/



□ ギャンブル依存


パチンコや賭け事にのめりこむことにより
日常生活や社会生活に支障が生じた状態などが・・・
一般的にギャンブル依存と言われています。

ギャンブル依存の問題点は
誰かが困ることとも言われています。

本人、家族、周りの人達・・・


★ コントロール障害

脳の回路が変化して
自分の意思ではやめられない状態
慢性の進行性の病気とも言われています。

生活リズムのくずれてしまう
本人の体調のくずれてしまう
1人で悩みを抱え込んでしまう



□ ギャンブル依存を克服する手段

★ 診断

ギャンブル障害の診断を受けます。


★ 原因の追究

社会的なストレスなのか
現実社会からの逃避なのか
動機を解明していきます。


★ 治療と対処法

自助グループに参加するケース
ギャンブル依存症回復プログラムを受けるケース
ギャンブルから距離をとるため措置入院するケース

ギャンブル依存は長きに渡る
経過観察がとても重要となります。


□ まとめ

厚生労働化学班によると
日本の人口の536万人
ギャンブル依存とのことです。

駅前にはパチンコ店がずらっと並び
通勤帰りにちょっと寄り道ができる感じの日本
他の国から見るととても不思議な光景だそうです。

また、ガチャガチャなどは
欧米では賭博に当たるそうです。

子どもの頃からガチャガチャなどで
射幸心がくすぐられている感じなので
ギャンブルへの抵抗は少なく
依存しやすい国民性なのかもしれません。


現在、国は
ギャンブル等依存症対策推進基本計画の一環として
ギャンブル依存者の生活困窮者の支援を行っています。

適切な治療と経過観察でギャンブル依存は
克服できる可能性が高くなっています。

ギャンブル依存予防回復支援センター


cari.jp